子供の身長を伸ばすには

子供の身長を伸ばすのに重要な5つのルール

 

子供の身長を伸ばす方法

 

身長が伸び悩んでいる方へ

 

毎日欠かさず牛乳を飲んでいるのに、中々背が伸びない

 

早めに寝て、ストレッチなどの運動をしていても効果がない

 

周りの子にどんどん身長を抜かれていくのでショック

 

身長を伸ばす子供

 

もし、このようなお悩みをお持ちのお子様やお父様お母様がいらしたら、是非、こちらの方法を試してみてください。

 

これは私の子供たちが実際にやってみて、身長を伸ばすのに効果が見られた方法です。

 

私も主人も小柄な方で、お互いの祖父母もそんなに背は高くありません。

 

子供たちが背が低いことをぽろっと話してきてくれたとき、

 

「背が低いのは遺伝だからしょうがないよ・・・」

 

と、半ばあきらめかけて子供になぐさめの言葉をかけていたのですが、ある日PTAの会合の終わりに仲の良いお母さんにこの方法を教わりました。(その時にすすめてもらったサプリメントがこちらです 。)

 

Dr.senobiru

 

Dr.Senobiru(ドクター.セノビル

身長を伸ばすサプリメント

 

それを早速子供たちにやらせてみたところ、半年立ったとき、はっきりと効果があらわれとても驚きました。

 

今では3人の子供たちは、主人(170cm)も追い抜き、生き生きとした表情で生活を送っています。

 

それでは早速、「子供の身長を伸ばすのに重要な5つのルール」をご紹介していきたいと思います。

 

ルールその1 成長に必要な栄養素を体内に取り入れる

低身長の子供

 

私たちが小さいころ、身長を伸ばすには「たくさん牛乳を飲みなさい」と教わってきました。

 

牛乳を飲む子供

 

牛乳には骨をつくるもとになるカルシウム」が多く含まれているために、そのように言われてきたのです。

 

カルシウム君

 

実際、私の子供たちにも最初はとにかく牛乳を飲ませ続けていました。

 

しかし、効果はほとんど現れませんでした。

 

後でしらべてみて分かったことなのですが、「カルシウムは単体で摂っても体に吸収されにくい」性質を持つ栄養素だったのです。

 

成長期の子供の骨は、長骨の先端部分の骨端線(こつたんせん)という軟骨部分の組織が増えていくことにより成長します。

 

骨端線(こつたんせん)とは

 

骨端線

 

つまり、子供の身長を伸ばすには、この骨端線(骨端組織ともいいます)の軟骨組織を作り出すための栄養素を積極的に取り入れ成長ホルモンを活発化させる食事や睡眠をとる、ということが最も大事なのです。

 

成長期の子供

 

 

では、身長を伸ばす(骨を成長させる)にはどのような栄養素を摂るといいのでしょうか?

 

成長に欠かせない栄養素としては、カルシウム、タンパク質、亜鉛、ビタミン、マグネシウムなどですが、これらは組み合わせて取ることによってその効果を最大限に発揮します。

 

例えば・・・!

 

マグネシウムはカルシウムの吸収と利用に役立つので、Ca:Mg=2:1の割合で摂るのが理想とされています。

 

ですので、1回の食事にはより多くの品目をとるのが理想となるわけです。

 

成長期の子供に必要な栄養素

 

この成長に欠かせない栄養素の中で特に鍵となってくるのが「タンパク質」です。

タンパク質

 

タンパク質は筋肉や臓器、皮膚や血液、髪の毛などをつくるのに必要な栄養素です。

 

成長期の子供は、大人が1日に必要なタンパク質(65g〜80g)とほぼ変わらないくらいの量をとることが望ましいとされています。

 

タンパク質はアミノ酸と呼ばれる分子がつなぎ合わさってできます。アミノ酸はよく列車にたとえられます。 貨車と貨車がつながって、タンパク質になるというわけです。

 

様々な働きをしてくれるアミノ酸の分子君たち

アルギニン(アミノ酸)

 

タンパク質をつくるには「アミノ酸」の働きが必要となり、アミノ酸は私たちの体内で作られる11種類の「非必須アミノ酸」と、体内で合成できない9種類の「必須アミノ酸」に分けられています。

 

20種類のアミノ酸

 

成長期の子供に欠かせない栄養素のうち、カルシウムとタンパク質は特に重要であり、タンパク質をつくるアミノ酸の中では、体内で生成することのできる「アルギニン」というアミノ酸を増やすといいのです。

 

アルギニンは子供の場合、体内で十分に合成できないので、足りない分を外部から摂取するといいのですが、普通の食事ではその十分な量を摂取することができません。

 

(参考)アルギニンの含有量の例

 

アルギニン含有量

 

ではどうすればいいのか?

 

それは、健康補助食品(サプリメント)によって補ってあげるのがベストです。

 

 

成長期の子供に必要な栄養素

 

サプリメントというと、

 

飲みにくい

 

子供に飲ませていいのか不安

 

といった声もありますが、私が紹介された『Dr.senobiru』粉末タイプで飲みやすく、国内(静岡県)で製造され、品質管理も徹底されているので、安心して飲ませることができます。

 

酸素の遮断や防湿、遮光のためにアルミフィルムの個別包装になっているので、品質保持はもちろんですが、学校やスポーツの合宿などにも持ち運びがしやすいです。

 

ドクターセノビル

 

 

味もグレープフルーツ味で飲みやすく、溶けやすいので私の子供たちは牛乳やヨーグルトに混ぜて飲むのが好きなようです。

 

はじめて飲まれる方は色々疑問や不安もおありかと思いますが、60日間の返金保証がついていますので、万一口に合わなかったり、効果が見られなかった場合には、すべて使用した後でも商品代金は返金されますので安心して始めることができます。

 

子供の成長には個人差があり、どんなサプリメントであっても2,3か月は続けないとその効果ははっきりとしませんが、60日間(2か月)間の返金保証はありがたい制度です。注文日から60日以内であれば、電話でも返金を受け付けてくれます。

 

成長期の子供に必要な栄養素

 

アルギニンを配合したサプリメントは高額なものが多いですが、『Dr.senobiru』は、1日でアルギニンが5000mg摂取でき(先ほどの食品に含まれる含有量と比べても多いですね)、その他の成長をサポートする成分も豊富に含まれている点から考えても、手ごろなお値段だと思います。

 

定期コースは送料無料9,800円(1回のみの単品購入は19,600円+送料)です。

 

お子様の成長に必要なものだけが含まれているので、体に有害なものは一切入っていません。

 

なので、定期コースで申し込んで、60日を過ぎる前に続けるかどうか判断されるのがいいと思います。

 

Dr.senobiru

 

↓↓背の高い子はもう飲んでいる↓↓

 

Dr.Senobiru(ドクター.セノビル

 

身長を伸ばすサプリメント

 

この他にも多くの子供用サプリメントが販売されていますので、お子様に合ったサプリメントを見つけてあげるといいと思います。

 

↓↓メディアに多数掲載!↓↓

 

 

成長期10代専門 栄養補助食品

カラダアルファ(α)

 

控えた方がいい食品

 

反対に、成長を阻害(そがい)する食品としては、スナック菓子や清涼飲料水、甘いものや脂質の多いもの、などです。
例えば砂糖を摂り過ぎると、カルシウムが体の外に出てしまい、体内に吸収されません。

 

子供の成長を阻害する食品

 

これらは『肥満』の原因ともなり、肥満になると成長ホルモンの分泌が悪くなり、皮下脂肪にある酵素が骨の成熟を促すホルモンを生成し、早いうちに骨が完成してしまうので身長がストップしてしまいます

 

もとより、あらゆる病気の原因となるので、これらが多く含まれている食品は控えるようにしましょう。

 

⇒ルールその2 快適な睡眠をとる へ

 

▲TOPへもどる

 

 

 

子供の身長を伸ばすには?
身長を伸ばす方法
身長が伸びない
身長の悩み
身長が低い
Dr.senobiru
ドクターセノビル
senobiru

 

相互リンク

更新履歴